素面で歌ってね。

わりと困るのが、飲み屋さんと間違われること。
コーヒーやお茶一杯で、素面(しらふ)で歌うシステムだからだ。
私の先輩は、「飲んで歌わないと調子でないよ~」と困り顔。スタンドマイク持ち上げて、乗りに乗ってサザンを歌う先輩の雄姿は、お酒が入って初めて真価が発揮されるような気がする。
「歌が好き」「歌を上手になりたい」「腕試ししたい!」「みんなに聞いてもらいたい」

思いは様々だけど、とにかく集まる方々は歌が好きな50代から90代の皆さん。

自分の歌のイントロが流れ出すと、舞台に上がり、切々と歌い上げる彼ら。
思いのこもった歌い手の方や、味のある方々には、拍手の大きさも変わってくる。大きな声援が飛び出したり、聞きながら泣く方もいたりする。そう、踊り出す方ももちろんいる。

「ライブ カラオケ リリア」は、思いのたけを込めた自分のステージを、数時間楽しむための場所。
入店料は安いけど、人の心の質は高い場所。
そう、つらい思い出も懐かしいあの頃も、歌がキレイに洗い流してくれる。

※オープン当時、クリスマスシーズン頃のワンシーン。

PROFILE

岩井 美樹
岩井 美樹販売促進コンサルティング/コピーライター
■my belief
コピーライターとして培った長年のキャリアの中で、企業・団体・地域の販促企画&クリエイティブ制作とともに人脈のネットワークをつくります。
“まちの美・企業の美・ひとの美”、そこに眠る輝く美を見つけ、企業、地域、生活者を結ぶ「ヒーブ視点」を活かした企画提案で、“クリエイティブ力によるブームの創造”を起こし、目標達成に導きます。
培ったファシリテーションスキルにより企業・団体の広報力アップに貢献します。
■my business
クリエイティブ・プロデュース/ウェブ・プロデュース/セールスプロモーション/マーケティング&プランニング
■my career
○福岡市生まれ、糸島市在住○県立城南高等学校、早稲田大学卒業
○早大学生劇団にて演劇活動後、映画監督・マキノ雅弘氏に師事
○1988年、武田鉄矢の兄が経営する広告代理店入社
○1999年、有限会社リリアプロジェクト設立 
◇一社 日本ヒーブ協議会(正会員)、消費者力支援研究所(理事)、一社 福岡デンマーク協会(理事)、一社 福岡青年会議所(特別会員)、市民提案型まちづくり事業審査委員及び行政改革推進委員(福岡県糸島市 )  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る