デンマークを愉しむ会・2017年2月18日(土)

「幸せの国の経済学」~福祉国家デンマークから学んだこと~

 例会「デンマークを愉しむ会」開催!

2017年を迎えた今年は、日本とデンマークとの修好条約締結150周年です。
一般社団法人福岡デンマーク協会が新春におくる「デンマークを愉しむ会」では、

「幸せの国デンマーク」を経済学の方向から見ていきます。
講師は、長年福岡で高校教師を務められた重松勲氏(協会理事)です。

理想を具現化するには、国・政治・市民が一丸となった現実的な施策と行動が必要です。
決して“草の根的には終わらせない実現力”もデンマークの国の誇るべきところ。
しなやかで知的な楽しさがある当協会の例会を、ぜひ、味わってみてください。

■「幸せの国の経済学」~福祉国家デンマークから学んだこと~
■日  時/2月18日(土) 14:00~16:00  開場/13:30

■会  場/松楠居(福岡市中央区大名2-1-16 そば屋 やぶ金2F)
■参加費 / FDA会員 : ¥800  一般 : ¥1000
■講  師/重松 勲(しげまつ・いさお) 元高校教師 福岡デンマーク協会理事。
     高校退職後、デンマーク協会に所属。
     デンマーク研修に参加、福祉国家の経済に興味を持ち研鑽に励む。

 

私は童話作家「宮沢賢治」に憧れて生きてきた。
「みんなの幸いのために」生きた彼の人生に、自分の人生が及ばないといつも感じていた。
研修旅行を通してデンマークの福祉行政の素晴らしさを知った。同時に彼らは「賢さ」と同じ思想を持ち、しかも国家的規模で実践していることにも気付いた。「幸福に生きる」とは平等な経済の中で個人として自由であり、しかも互いに共感しつつ生きる努力をすることだと実感した。デンマークや北欧の国々では、なぜそのような生き方が可能なのか?人類学や経済学をふまえつつ、皆さんと一緒に考えてみたい。

★講師:重松 勲氏   福岡デンマーク協会理事

 

お申し込みは、ホームページのお申込みフォームから!

http://fda-japan.org/


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る