【福岡県立美術館】9月~10月の展示情報

 

1964年、福岡市天神に、「建築自体が福岡県文化の象徴であらねばならない」との佐藤武夫氏(設計)の構想の下に生まれた図書館と美術ギャラリーの併設施設であった福岡文化会館は、1985年の全面改装後、福岡県美術館として再スタートしました。
福岡県立美術館は、福岡県にゆかりある作家や美術動向にかかわる作品を収集・企画展示しています。

In 1964, the Fukuoka Cultural Center was built in Fukuoka City Tenjin. The facility had a library and an art gallery together.Mr. Sato Takeo, a building designer, thought that “the building itself must be a symbol of the culture of Fukuoka prefecture”.The hall restarted as the Fukuoka prefectural art museum after full renovation in 1985. At the museum, works of artists who are related to Fukuoka and Fukuoka’s art trends are collected and exhibited.

 

■2017年9月5日(火)~10月1日(日)

「第73回 福岡県美術展覧会(県展)」

the 73rd Fukuoka Prefectual Art Exhibition

日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザインの7部門から例年3,000点以上の応募がある、伝統ある県民の公募展です。県民から広く作品を募集し、その優れた成果を展示します。あわせて、福岡県美術協会会員の作品を展示し、県内の美術活動の充実をめざしています。

◎会期   
 9/5(火)~9/10(日)    第1期/書
 9/12(火)~9/18(月・祝)  第2期/洋画
 9/20(水)~9/24(日)         第3期/日本画・彫刻・デザイン
 9/26(火)~10/1(日)         第4期/工芸・写真

◎会期中のイベント
 各会期の最終日に展示作品の合評会を開催  

 ・9月10日(日)14:00~    書  
 ・9月18日(月・祝)14:00~  洋画 
 ・9月24日(日)14:00~         日本画・彫刻・デザイン 
 ・10月1日(日)16:30~         工芸・写真 
                             

 
 

  

 

場所:福岡県立美術館    

   福岡市中央区天神5丁目2-1  〒810-0001
 
TEL:092-715-3551
時間:【展覧会】10:00~18:00(入場は17:30まで)
   【美術図書室】9:00~17:30
休館:毎週月曜日(ただし祝休日の場合はその翌平日)     
入場料
:一般 300円  高大生 200円  小中生100円
   
※展覧会によって入場料は異なります。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は無料
※毎週土曜日来館の高校生以下の方は無料  
  館内に多目的トイレ、車椅子、ベビーカー、ベビーシート、授乳室があります。  
  

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る